洲本市 淡路島テレビジョン(ATV)

淡路島テレビジョン(ATV)の会社概要サイトマップ

ホーム > お知らせ > あわじ武道会 奉納演武

お知らせ

あわじ武道会 奉納演武

【更新日】2024年5月3日


居合の演武

弓道の演武

合気道の演武

取材日:4月28日
放送日:5月 2日更新分「すもとかわらばん」

4月28日、島内にある居合・弓道・合気道といった
各種武道の道場・教室で作る「あわじ武道会」が
厳島神社で奉納演武を行いました。

演武の前には参加者が出席して神事が行われ、
武芸の上達などを祈願しました。

続いて、演武がはじまり、
居合の奉納では、淡路島剣友会の4人が、
模擬刀や木刀を使って、気迫のこもった演武を実演しました。

次に、淡路島弓道会のメンバーが、
およそ25メートル離れた的にめがけ、
一人2本ずつ矢を放ちました。

奉納演武の最後は合気道で、大阪東武育会淡路島道場が、
団体演武と2人または3人による演武を披露しました。

この あわじ武道会による奉納演武は、
武道の普及や子供たちの育成などを目的として、
春の「城下町洲本レトロなまち歩き」にあわせて、
2018年から毎年 厳島神社で行われるようになりました。

途中、新型コロナウイルスの影響で
2020年と2021年には演武の披露はありませんでしたが、
一昨年復活し、今年で5回目の開催となります。

なお、あわじ武道会では、
秋に洲本図書館で開かれる「図書館市民まつり」でも
演武を披露する予定にしています。

Q&A

淡路島テレビジョンへのお問い合わせ
ご不明なことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

プレゼント応募

ページの先頭へ戻る