洲本市 淡路島テレビジョン(ATV)

淡路島テレビジョン(ATV)の会社概要サイトマップ

ホーム > お知らせ > 「心不全パンデミック予防」公開講座

お知らせ

「心不全パンデミック予防」公開講座

【更新日】2024年5月7日


講師を務めた藤本さん

講演の様子

質問コーナー

取材日:4月27日
放送日:5月6日更新分「すもとかわらばん」

4月27日、洲本市文化体育館で
心不全に関する公開講座が開かれました。

この講座は、専門の医師が詳しく解説することで、
心不全についての理解を深め、予防に役立ててもらおうと、
島内3市の医師会や薬剤師会、淡路医療センターなどが
共同で開催しました。

この日の講座では、
淡路医療センターで心臓などの循環器の治療に携わっている
医師の藤本恒さんが講師を務めました。

心不全は、心臓に何らかの異常があり、
心臓のポンプ機能が低下して、
全身の臓器が必要とする血液を十分に送り出せなくなった状態のことで、
適切な治療と生活習慣の改善をしないと再発を繰り返し、
やがて重篤な事態を迎えます。

心不全の状態となると、完治することはほぼなく、
一生向き合っていかねばならなくなります。

心不全を含む心疾患は、
がんに次いで日本人の死因の第2位となっていて、
淡路島も例外ではなく、高齢化に比例して患者数は年々増えています。

藤本さんは、心不全には4回予防できるチャンスがあるとして、
万が一、発症したとしても、
適切な治療を受けて生活習慣を改善することで、
再発防止・進行を遅らすことができると話しました。

講演の後には、講師を務めた藤本さんをはじめ、
薬剤師・看護師・理学療法士・管理栄養士といった
各分野の専門家がパネリストとなり、
参加者からの質問に答える時間も設けられました。

心不全に対する関心の高さが伺えた今回の講演会、会場には、
ほぼ募集定員となる、およそ240人が会場を訪れていました。

Q&A

淡路島テレビジョンへのお問い合わせ
ご不明なことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

プレゼント応募

ページの先頭へ戻る