洲本市 淡路島テレビジョン(ATV)

淡路島テレビジョン(ATV)の会社概要サイトマップ

ホーム > お知らせ > 探究活動報告会

お知らせ

探究活動報告会

【更新日】2024年5月9日


報告会の様子

報告会の様子2

報告会の様子3

取材日:4月25日
放送日:5月7日更新分「すもとかわらばん」

4月25日、蒼開高校で、「探求学習」の授業の中でまとめた内容を
保護者向けに発表する報告会が開かれました。

この日は、蒼開高校の緑風6ヵ年コースの3年生達が作った、
「知域王」というカードゲームを、生徒と保護者が一緒に体験しました。

蒼開高校の緑風6ヵ年コースの3年生達は、淡路島の魅力や課題について調べるため、
昨年11月から「知域王」というカードゲーム作りに取り組んでいました。

この「知域王」というゲームは、遊びながら地元のことを学べるようになっていて、
蒼開高校緑風6ヵ年コースの3年生達は、このゲームを開発した愛宕商事の田宮翔さんから
Web会議システムを使って指導してもらいながら、制作を続けてきました。

このゲームでは、地域が誇る「景観・観光」「アラカルト」
「グルメ」「歴史・伝統」という4つのジャンルごとに12枚ずつ合わせて48枚のカードを使います。

これらのカードを作るため、淡路島の魅力や課題を調べる必要があり、
「自分達の住む地域のことをより深く知ることができた」
という感想を話す生徒が多かったそうです。

ゲームを体験した後、将来について考える時間として「自分と地域の未来を考える」をテーマに、
田宮さんが自分の経歴を紹介しながら、仕事に取り組む姿勢などを30分に亘って話しをしました。

なお、蒼開高校によると今回生徒達が作ったカードゲームを販売する予定は無いそうですが、
小中学校などで活用してもらえる方法を検討しています。

Q&A

淡路島テレビジョンへのお問い合わせ
ご不明なことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

プレゼント応募

ページの先頭へ戻る